わたしたちの仲間を紹介します。

大企業とは違い、限られた“リソース”で仕事をこなしていくことになります。一人ひとりが力を発揮することで、仲間からも感謝される。“ありがとう“の一言でもっと頑張ろうという気持ちになる。そんな日々の積み重ねが会社の力となり、これまで以上に感謝される仕事に繋がっていくと考えています。

梅木 豊

YUTAKA UMEKI

システム梅木 豊

入社のきっかけはアルバイト。

最初は“データ入力”のアルバイトをしていました。当時はソフトウエアの普及率が低かったので新規導入が多かったので、どうしてもデータの入力が必要だったんです。しばらくアルバイトで勤めていると社長から入社の意思を聞かれました。当然、YESの一言です。

次につながる“ありがとう”を意識して

主に電話での対応が仕事です。お客様のサポートを電話と遠隔操作でおこないます。なかには営業のスタッフが現場から電話をかけてきてフォローすることもあります。お客様や仲間から“ありがとう”と言ってもらえると次も頑張ろうと次の仕事につながります。

オープンなこの職場が大好きです。

明るい職場で働きやすい

業務内容は異なっても、一人一人が“誰かのために”と思う気持ちがあふれている職場です。仕事に対しては、みんな真剣に取り組んでいますが、休憩の時間などでは、いろんな話題で盛り上がります。たまにですが、仲間との夜の食事も楽しいです。

他の拠点との交流もあり

全社員が社員旅行に参加をするので年に1回は交流の場があります。社員旅行も当番制のようなもので、予算だけ与えられて“行先”や“計画”は担当の誰かがやる仕組みです。こういったことも任されるので大手とは違った経験を多くすることができるのが魅力的です。

任されて成長する

将来は自分にかかっている

“データ入力”しかしていなかった私が、いつの間にか“プログラム”を組むようになっていました。今では任されているシステムがあります。自分でも、“よくここまで、できたなぁ”と思う事がありますが、大きな会社ではないのでチャンスは無数にあるんです。そんな環境でチャレンジするか、しないかで将来の自分が変わるのだと思います。

会社は自分たちが作る

現場の意見や自分たちのやりたいことが通りやすい会社です。代表も“みんなで会社をつくろう”という姿勢でいてくれるので環境がとても良いです。みんなで“問題に取り組み解決し会社を作っていく”、こんなことができる会社は、そう多くないと思っています。自分たちが作るからこそ、“セルフィーが好き”です。

Copyright 2018 株式会社セルフィー 採用サイト